フリーランス医師の作り方

セミフリーランス医師という働き方

非常勤医の契約体系ではあるものの週2.5〜3日をベース施設における勤務とする事で社会保障や社会的信用を維持しつつ、余暇時間において他施設における勤務や自身のパラレルキャリアを形成していくという、『セミフリーランス医師』という生き方を提唱してみました。
フリーランス医師の作り方

常勤医と非常勤医のアービトラージ

フリーランス医師として働く際には常勤医と非常勤医のアービトラージを利用することで、良い環境のもと効率的に収入を上げることが可能となります。
スキル&キャリア

フリーランス医に求められる能力とは

患者・雇用者・同僚&スタッフ…といった様々な立場からフリーランス医師が求められる能力を紹介し、その重要性について考えてみました。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

開業医も『フリーランス』な働き方と言えるのか?

実は、スポーツ選手や弁護士、俳優などと同じく開業医も『フリーランスな職業』と定義されているのですが、実際に開業医はどの程度まで自由な働き方できるのか、という点についてフリーランス医との比較を行いました。
フリーランス医師の作り方

フリーランスとライセンス

各職種においてフリーランス化が進んでいる昨今、ライセンスが必要である士業の世界では、まだその動きが少ないのが現状です。ライセンスはフリーランスという働き方に影響を及ぼしうるのか?という点につき考えてみました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師の就職活動

常勤医からフリーランス医として勤務先を変更するにあたり、私がどのような形で就職活動を行ったかを紹介します。
フリーランス医師の資産形成

フリーランス医師の資産形成【基礎編】

フリーランス医師に大切な資産形成において、まずやるべきことは資産を増やすことではなく、無駄な支出の軽減や所得税に対する控除を増やすことであると考えています。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師のキャリアデザイン&パラレルキャリアのススメ

フリーランス医師はキャリアデザインとどう向き合うべきかを考えるとともに、より重要な要素である『パラレルキャリア』という概念を紹介しました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師が感じる最大の悩み

フリーランス医師として多施設で勤務を行う場合には、自分が不在時における担当患者さんのフォローアップ業務をどのようにカバーしていくかが問題となりますので、その対応策について紹介しました。
フリーランス医師の作り方

医師と相性の良い『マイクロ法人』について

フリーランスに限らず、医師と非常に相性の良い『マイクロ法人』について紹介します。個人収入の圧縮のみならず、社会保険料の軽減にも役立つ、非常に使い勝手の良いアイテムです。
スポンサーリンク