フリーランス医師の作り方

フリーランス医師必携ツール7選

施設間の移動時間が多く、作業場所も多岐にわたるフリーランス医師は作業環境の均質化や移動時間の快適性を高めることが重要となります。今日は、そのための必携各種ツールを紹介いたします。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師が送るデュアルライフ

私がフリーランス医師として実際にどのようなデュアルライフを送っているのかを紹介します。週間スケジュールや2つの拠点の使い分け方、作業環境の構築方法についても述べています。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師にデュアルライフを勧める理由

デュアルライフという生活のスタイルを紹介すると共に、このライフスタイルがフリーランス医師という働き方と親和性が高い理由を考察してみました。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師に最も大切なこと

フリーランス医師として働くにあたって、最も大切なことは周囲からのサポートを得るということです。そのためには基本的な礼儀と社会的常識をしっかりと持って、周囲の人間とのコミュニケーションを取るよう心がけましょう。
フリーランス医師の作り方

自己紹介、どうしましょう!?

医師における「フリーランス」という言葉は、まだまだ一般的ではない上に様々なネガティブイメージやキラキラ感を持つ微妙な言葉なので…私自身は実生活においてその言葉を好んで使うことはほぼありません。
フリーランス医師の作り方

スラッシュキャリアとは?

パラレルキャリアに類似した考え方の一つである、スラッシュキャリアという概念について紹介します。自らの肩書きを増やすことにより、自分の人材タイプを変化させる事もできます。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その②】

パラレルキャリアのメリデメおよび、医師とパラレルキャリアの親和性について紹介してみました。また、パラレルキャリアと類似した概念についても紹介しています。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その①】

医師の世界においても終身雇用や雇用の安定性が失われつつある昨今、将来のリスクヘッジとしてのパラレルキャリア形成は有用であると考えます。
フリーランス医師の作り方

医師としての希少性を高める方法

医師が自らの価値に希少性を持たせるということは雇用安定性の面で有用ですが、希少性を獲得するために有用である手段を考えてみました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医と(個人)開業医を比較してみた

勤務医からの脱却において代表的な手段として個人開業医という選択肢があります。フリーランス医と開業医、それぞれのメリデメについて簡単に紹介します。
スポンサーリンク