フリーランス医師におけるデメリット【キャリア編】

フリーランス医師の作り方

常勤からフリーランスという環境の急激な変化に対応しつつ、自分の生活や労働環境、医師スキルを維持していくためには幾つかのタスクがありますが、それは常勤医師としての生活からは縁遠いものであり、時として煩雑とすら感じるものも存在します。

私自身は自由に対するトレードオフとして許容できると感じているためデメリットとまでは感じていませんが…自分が感じた『勤務医時代と比較して大変なことや、増加する雑務』が幾つかありますので、それらの中からキャリアに関するものを紹介していきます。

スポンサーリンク

キャリアプランをイメージする必要がある

フリーランスの場合、医局や常勤施設に所属しているときと比較してスキルアップや専門資格の取得&維持にエネルギーを要するようになります(後述)ので、今持っている自分の武器だけで、残りの医師キャリアを乗り切れるか否か、ということを考えなくてはなりません。

また、分野によってはフリーランス化=キャリアの終焉という可能性もあります。特にアカデミックなキャリアにおいては、最前線でバリバリ続けていくのは厳しいです。これらの要素を勘案し、医師キャリアをどうやって・いつまで生きるのかということは事前にイメージしたほうが良いでしょう。

私の場合には、スポーツサポートの時間を作りたいという目的と、残り10〜20年の医師キャリアを維持するための働き方の妥協点として、フリーランス勤務を選びました。衝動的かつ無計画にフリーランスという働き方を選んだ場合、自分のストロングポイントが発揮できずに、キャリアが行き詰まってしまう可能性もあると考えます。

スキルアップ&スキル維持に労力を要する

私のように20年近いキャリアを経ていればそれほど気になる部分ではありませんが、若手〜中堅医師ではフリーランスへの大きな参入障壁となります。

医師スキルというのは個々のレベルにおいて、相対的にチャレンジングな手術や手技のような「リスクを大きく取る」治療経験の積み重ねによって育っていきますし、その裏にはその姿を見守る指導医師が必ず存在します。

医局や臨床研修病院における深いつながりがある後輩ですら、信頼や愛情、期待を感じられない人間には経験を積ませられません。非常勤かつ縁の薄い人間には何をいわんや、です。

その人自身の経験や技量に加え、周囲からともに戦う戦友?として認められる必要がありますし、それには時間を要するでしょう。

また、自分の医療スキル以上のレベルを持つ医療現場に飛び込むというのには、色々なハードルがあります。そのような施設に”無給〜それに近い形”で毎週通い、勉強をすることはできるでしょうが、”お金を稼ぎながら”医療スキルを身につけるのは難しいでしょう。

勉強と収入は両立しないと割り切って、医師スキル形成については別途時間を作る必要があります。

また、学会参加でいうと勤務医師は給与が目減りすることはありませんし、学会参加費も支給されますが、フリーランス医師の場合は【休業による収入減少+参加費】という持ち出しが発生しますので、簡単なものではなくなります。

専門資格の維持に必要な症例収集、手術数確保、論文作成、学会参加による単位取得…といったものについても、常勤医師より労力が必要となりますね。

アカデミックなキャリアについては最終的に割り切ることができましたが…やはり年2くらいのペースで学会発表くらいはしたいと思い、いろいろと葛藤した記憶があります。残すものと捨てるもの、それぞれに優先順位をつけておくと断捨離がしやすいです。

医師スキルの形成&維持という視点からは、後期研修終了後、専門科にて最低でも5〜10年の修練を積んでからのフリーランス転向という形をオススメします。

情報収集&情報交換の機会が減少する

前述のように非常勤勤務となることで学会や研修会への参加頻度を維持できないこともありますが、それ以上に日々のカンファレンスやちょっとしたディスカッションの積み重ねの頻度が減少する、というリスクもあります。

そのリスクヘッジとしては、勤務施設のカンファレンスに限らず学会やスポーツ関係のクローズドな研究会&勉強会に参加する機会を増やせるよう、縦横の人間関係を積極的に構築するように心がけるようになりました。(当然、医療ネットワークの構築にも有益ですね)

私自身は非常勤施設のカンファレンス日と出勤日が重なるような勤務スケジュールを作るとともに、周囲の常勤医師の皆さんと積極的にコミュニケーションをとることで、ディスカッションの機会を増やすよう心がけています。

市況が買い手市場にシフトしつつある

医師アルバイト(非常勤&スポット)案件自体が、ここ数年で低価格化の方向にシフトしています。医師免許があれば誰でもできるような案件はもちろんのこと、盤石と思えた麻酔案件ですら、市場に出てくるものには下落の兆候が現れています。

今後、「おいしい案件」については個人間で継承されていくようになったり、大学医局に集中していく可能性が高いので、注意が必要かもしれませんね。

私の専門分野ではまだ、フリーランス医の存在自体がレアですし、2ヶ所の勤務地はいずれも人口30万人程度の地方都市なので…リタイア時期(10〜15年)までは逃げ切れるかな?とは思っており、特に対策は立てていません。

リタイアまでの年限が長い人は、仕事単価の下落を織り込んだ人生戦略を立てるか、自分の医師スキルを尖らせる事や複数のスキルを所持することで、自らの市場価値を維持するよう心がけましょう。

まとめ

常勤からフリーランスに契約内容を変えるにあたって、留意すべき点を『デメリット』として紹介してみました。

フリーランス医師にとって最も大切なスキル形成・維持は収入とトレードオフの関係になってしまうため、ある程度のスキルを身につけてからのフリーランス化が望ましいと考えます。

フリーランス医師転向後の中長期的キャリアプランをイメージしておきましょう。

コメント