フリーランス医と(個人)開業医を比較してみた

フリーランス医師の作り方

こんにちは。フリーランス整形外科医(@orthfreelancedr)です。

以前、開業医は自由職業と定義されておりかなりフリーランスとかぶる部分がある、という内容の記事を紹介した事があります。

その際の結論としては『開業医は自営業寄りの働き方であり、フリーランス医の方がより自由業に近い存在である』というものでした。

勤務医からの脱却において開業orフリーランス転向というのは最も取り掛かりやすい代表的な2つの手法となり、特に開業というのは古くから存在する王道とされる形なのですが、近年では様々なリスクを内包するようになってきているというのもまた事実です。

本稿では、フリーランス医と開業医という2つの勤務形態の間における違いについて注目し、比較してみました。

なお、開業という形態にあっても自分が管理者となって他の医者を雇うという形態は最強かつ、個人対個人の比較にならないので…開業形態については個人開業医という形に限定します。

スポンサーリンク

フリーランス医と開業医を比較してみる

まず、ざっくりとした比較表です。

フリーランス開業
初期投資費用なしあり
平均収入1000〜2500万円2500〜3000万円
雇用契約被雇用者雇用者
労働内容&時間コントロール可可能だが制限あり
経営責任・雑務なしあり
社会保障国保
各種社会保険
医師国保
医療法人社保
キャリア自由度が高いほぼ固定

各々の項目において差があることがわかりましたので、続いてこれらの詳細を見ていくことにしましょう。

初期投資

新規開業の場合は最低3000〜5000万円、立地によっては1億円近い初期投資が必要となりますし、設備費用がかからない診療科(精神科、皮膚科、小児科)と設備を要する科(眼科、内科、産婦人科)の間で更に1500〜3000万円くらいの差が出てきます。

医師であれば十分にローンを組むことが可能な金額であり、継承&居抜き物件を利用する作戦や、複数名の医師による開業などの作戦により初期投資を軽減することもできますが…初期投資費用ゼロというわけにはいきませんので、フリーランス医の方が優位となります。

平均収入

開業医の院長平均年収はかなり高額となりますので、収入においては開業が圧倒的に有利ですね。フリーランス勤務で2500万円を越えようと思うと、【日勤10万円×週5日+当直4万円×週1日≒2600万円】という勤務でようやくクリアですから…

経営状況に左右されるというリスクをどう捉えるかという問題はありますが、収入を求めるなら開業がベターという結論になりそうです。

また、個人収入の圧縮についても開業のほうが医療法人やMS法人、個人事業主といった様々な選択肢を取れることから、個々のニーズに合わせて動きやすいと考えられます。

雇用契約

フリーランスは常勤医の充足や自らの能力等の問題から1年毎の非常勤契約が更新されないというリスクを持つため、やや安定感を欠いた雇用契約となります。(今の医療を取り巻く環境下では、普通に日常業務ができていれば起きにくい事象ではありますけど)

一方、開業医は雇用者側の立場になりますので安定性は抜群ですし、自らの努力で良好な経営状況を保つことで、その安定性を更に高めることが可能です。

労働内容および時間

労働内容および時間のコントロールという点においては、当然フリーランスが優位となります。極論を言えばやりたいことだけを、やりたいぶんだけ、やりたい時にやれば良いのですから。

開業の場合には自分のスタイルもさることながら、周囲のスタッフに対して給与を支払う立場となりますので、損益分岐点以下に労働量を下げることはできませんし、診療科目や専門を大きくコンバージョンすることは難しくなります。

経営責任・雑務

これもまた、開業においてストレスとなり得る部分です。医師のほかにも経営者および管理者としての仕事をしなくてはならないからです。

業務の合理化や経費削減、資金繰り、従業員の接遇・研修…と、医師以外の仕事量は膨大となりますし、その部分が収益に繋がる大切な部分となります。

社会保障

開業する場合には、個人事業主として医師国保に加入するか、医療法人を立てて自社から協会けんぽに加入する形となります。フリーランスの場合には基本的には国保に加入することが多いのですが、

①週20時間以上の勤務
②1年以上勤務の見込み
③非学生
④8.8万円以上の月収

という4つの条件をクリアすれば、非常勤であってもその条件を満たす勤務先の社会保険に加入することが可能となります。

スポットアルバイトを転々とする形ではなく、週に2〜3日定期で勤務する形の非常勤を作れるようなら加入を検討しましょう。

キャリア

どちらの立場も、スキルアップやキャリアアップにはかなり労力を要します。また、開業となるとフリーランスとは異なり、診療科や専門性を大きく変化させることは不可能です。業務内容や日々の生活がパターン化してしまうという覚悟は必要となります。

その反面、自由と引き換えに安定を得られるのはメリットとも考えられますので、このあたりは個人の価値観により、感じ方が違ってくるのではないでしょうか。

まとめ

勤務医からの脱却における代表的な選択肢である個人開業医とフリーランス医の両者における比較を行ってみました。

その2つの間に優劣をつけることはできませんが、もし選択を迫られるような場合にはそれぞれのメリデメを理解し、自分のライフスタイルやワーキングスタイルに適した形を選択しましょう。

コメント