スキル&キャリア

フリーランス医師の作り方

医師の待遇や評価、業務内容には地域差がある

医師の待遇や評価、業務内容には大きな地域差があります。フリーランスとして働く際に、これらのアービトラージを生かした勤務地および勤務体制を構築することで、経済的な面だけでなく、キャリアディベロップメントの面でも効率の良い働き方をすることが可能となります。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師がスキルアップのために取れる手段

フリーランス医師にとってスキルアップは非常に重要である一方、医局や常勤勤務先から離れることでそのための環境を整えることは難しくなります。そういった環境を維持するための方法をいくつか紹介してみました。
フリーランス医師の作り方

『働き方の損益分岐点』に学ぶフリーランス医処世術

自分の労働力の「価値」をアップさせることで、労働力の対価である報酬を効率的に高めることが可能となります。また、自己内利益という概念とそれを増大させる方法について紹介しています。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

スラッシュキャリアとは?

パラレルキャリアに類似した考え方の一つである、スラッシュキャリアという概念について紹介します。自らの肩書きを増やすことにより、自分の人材タイプを変化させる事もできます。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その②】

パラレルキャリアのメリデメおよび、医師とパラレルキャリアの親和性について紹介してみました。また、パラレルキャリアと類似した概念についても紹介しています。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その①】

医師の世界においても終身雇用や雇用の安定性が失われつつある昨今、将来のリスクヘッジとしてのパラレルキャリア形成は有用であると考えます。
フリーランス医師の作り方

医師としての希少性を高める方法

医師が自らの価値に希少性を持たせるということは雇用安定性の面で有用ですが、希少性を獲得するために有用である手段を考えてみました。
フリーランス医師の作り方

セミフリーランス医師という働き方

非常勤医の契約体系ではあるものの週2.5〜3日をベース施設における勤務とする事で社会保障や社会的信用を維持しつつ、余暇時間において他施設における勤務や自身のパラレルキャリアを形成していくという、『セミフリーランス医師』という生き方を提唱してみました。
スキル&キャリア

フリーランス医に求められる能力とは

患者・雇用者・同僚&スタッフ…といった様々な立場からフリーランス医師が求められる能力を紹介し、その重要性について考えてみました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師のキャリアデザイン&パラレルキャリアのススメ

フリーランス医師はキャリアデザインとどう向き合うべきかを考えるとともに、より重要な要素である『パラレルキャリア』という概念を紹介しました。
スポンサーリンク