雇用契約&労働環境

フリーランス医師の作り方

フリーランス医師はNIPWをコントロールしやすい

私が好きな『お金の外来』ブログにて、先日紹介されていたNIPWという概念。 これは、 ラス先生が独自に提唱していらっしゃる概念なのですが…非常に面白く有益な概念であるため今回を紹介させて頂きます。 また、フリーランス医...
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その②】

パラレルキャリアのメリデメおよび、医師とパラレルキャリアの親和性について紹介してみました。また、パラレルキャリアと類似した概念についても紹介しています。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その①】

医師の世界においても終身雇用や雇用の安定性が失われつつある昨今、将来のリスクヘッジとしてのパラレルキャリア形成は有用であると考えます。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

セミフリーランス医師という働き方

非常勤医の契約体系ではあるものの週2.5〜3日をベース施設における勤務とする事で社会保障や社会的信用を維持しつつ、余暇時間において他施設における勤務や自身のパラレルキャリアを形成していくという、『セミフリーランス医師』という生き方を提唱してみました。
フリーランス医師の作り方

常勤医と非常勤医のアービトラージ

フリーランス医師として働く際には常勤医と非常勤医のアービトラージを利用することで、良い環境のもと効率的に収入を上げることが可能となります。
フリーランス医師の作り方

開業医も『フリーランス』な働き方と言えるのか?

実は、スポーツ選手や弁護士、俳優などと同じく開業医も『フリーランスな職業』と定義されているのですが、実際に開業医はどの程度まで自由な働き方できるのか、という点についてフリーランス医との比較を行いました。
フリーランス医師の作り方

フリーランスとライセンス

各職種においてフリーランス化が進んでいる昨今、ライセンスが必要である士業の世界では、まだその動きが少ないのが現状です。ライセンスはフリーランスという働き方に影響を及ぼしうるのか?という点につき考えてみました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師が感じる最大の悩み

フリーランス医師として多施設で勤務を行う場合には、自分が不在時における担当患者さんのフォローアップ業務をどのようにカバーしていくかが問題となりますので、その対応策について紹介しました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師におけるデメリット【キャリア編】

2年間のフリーランス生活を経て自分が感じたデメリットについて、医師キャリアに関わるものを抜粋して紹介していきます。
フリーランス医師の作り方

フリーランス転向に伴う環境変化【その②】

フリーランス医師となることで起きうる環境の変化を、社会的信用、雇用安定性、収入安定性の面から考えてみました。常勤医師と比較して変化する要素は多いものの対応が可能であるものがほとんどですので、その事前準備について紹介していきます。
スポンサーリンク