雇用契約&労働環境

フリーランス医師の作り方

医師の待遇や評価、業務内容には地域差がある

医師の待遇や評価、業務内容には大きな地域差があります。フリーランスとして働く際に、これらのアービトラージを生かした勤務地および勤務体制を構築することで、経済的な面だけでなく、キャリアディベロップメントの面でも効率の良い働き方をすることが可能となります。
雇用契約&労働環境

医師のインセンティブ契約

医師がインセンティブ契約を結ぶ際のメリデメ、各種注意点などにつき紹介します。
フリーランス医師の作り方

非常勤医師(アルバイト医)の有給休暇

非常勤契約の立場でも有給休暇を取得することは可能ですが、医師の世界では常勤医でさえも有給消化が様々な面で難しいというのが現状です。そんな環境におかれた医師でも有給休暇を利用できるように、様々な周辺知識を紹介します。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

非常勤勤務とインセンティブ契約

非常勤契約を結ぶ場合のインセンティブ契約についてまとめてみました。成功報酬型だけでなく、ルーティンワークにインセンティブをつけるというのも、仕事におけるストレスを軽減させるには良い方法です。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医が各種トラブルを避けるために

フリーランス医は医局や所属施設から受けられるサポートが少ない状況で働くことが多いのですが、そういった環境に対する各種リスクヘッジの手段を紹介しています。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師はNIPWをコントロールしやすい

こんにちは。フリーランス整形外科医(@orthfreelancedr)です。 今日は、私が好きな『お金の外来』ブログにて、先日紹介されていたNIPWという概念をご紹介いたします。 これは、 ラス先生が独自に提唱していら...
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その②】

パラレルキャリアのメリデメおよび、医師とパラレルキャリアの親和性について紹介してみました。また、パラレルキャリアと類似した概念についても紹介しています。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その①】

医師の世界においても終身雇用や雇用の安定性が失われつつある昨今、将来のリスクヘッジとしてのパラレルキャリア形成は有用であると考えます。
フリーランス医師の作り方

セミフリーランス医師という働き方

非常勤医の契約体系ではあるものの週2.5〜3日をベース施設における勤務とする事で社会保障や社会的信用を維持しつつ、余暇時間において他施設における勤務や自身のパラレルキャリアを形成していくという、『セミフリーランス医師』という生き方を提唱してみました。
フリーランス医師の作り方

常勤医と非常勤医のアービトラージ

フリーランス医師として働く際には常勤医と非常勤医のアービトラージを利用することで、良い環境のもと効率的に収入を上げることが可能となります。
スポンサーリンク