マインド

フリーランス医師の作り方

『働き方の損益分岐点』に学ぶフリーランス医処世術

自分の労働力の「価値」をアップさせることで、労働力の対価である報酬を効率的に高めることが可能となります。また、自己内利益という概念とそれを増大させる方法について紹介しています。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師に最も大切なこと

フリーランス医師として働くにあたって、最も大切なことは周囲からのサポートを得るということです。そのためには基本的な礼儀と社会的常識をしっかりと持って、周囲の人間とのコミュニケーションを取るよう心がけましょう。
フリーランス医師の作り方

自己紹介、どうしましょう!?

医師における「フリーランス」という言葉は、まだまだ一般的ではない上に様々なネガティブイメージやキラキラ感を持つ微妙な言葉なので…私自身は実生活においてその言葉を好んで使うことはほぼありません。
スポンサーリンク
フリーランス医師の作り方

スラッシュキャリアとは?

パラレルキャリアに類似した考え方の一つである、スラッシュキャリアという概念について紹介します。自らの肩書きを増やすことにより、自分の人材タイプを変化させる事もできます。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その②】

パラレルキャリアのメリデメおよび、医師とパラレルキャリアの親和性について紹介してみました。また、パラレルキャリアと類似した概念についても紹介しています。
フリーランス医師の作り方

医師✕パラレルキャリア【その①】

医師の世界においても終身雇用や雇用の安定性が失われつつある昨今、将来のリスクヘッジとしてのパラレルキャリア形成は有用であると考えます。
フリーランス医師の作り方

開業医も『フリーランス』な働き方と言えるのか?

実は、スポーツ選手や弁護士、俳優などと同じく開業医も『フリーランスな職業』と定義されているのですが、実際に開業医はどの程度まで自由な働き方できるのか、という点についてフリーランス医との比較を行いました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師のキャリアデザイン&パラレルキャリアのススメ

フリーランス医師はキャリアデザインとどう向き合うべきかを考えるとともに、より重要な要素である『パラレルキャリア』という概念を紹介しました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師が感じる最大の悩み

フリーランス医師として多施設で勤務を行う場合には、自分が不在時における担当患者さんのフォローアップ業務をどのようにカバーしていくかが問題となりますので、その対応策について紹介しました。
フリーランス医師の作り方

フリーランス医師におけるデメリット【キャリア編】

2年間のフリーランス生活を経て自分が感じたデメリットについて、医師キャリアに関わるものを抜粋して紹介していきます。
スポンサーリンク